ホーム
お問い合わせ
魚類ガイドブック
ファックス発注フォーム
Home (English)

内容とレビュー

ISBN 0-920225-15-2 © 2005

 

「ブリ類の魚病カラーアトラス」

 カナダ人獣医師 マーク・シェパード博士の著書「ブリ類の魚病カラーアトラス」が、原文の英語版に引き続き日本語版(横山 博 訳)にて出版されます。

このカラーアトラスでは、30ページに及ぶ精緻なカラー写真にてブリ、ヒラマサ、カンパチ等養殖魚類に典型的に見られる29種類の魚病とその症例を的確に解説しています。養殖場の衛生管理から細菌感染、ウィルス、寄生虫症及びその他の症候群とそれぞれの項目ごとに、見開き2ページを使って読み易く整理された一般情報、症例及び対処法等の解説と写真を一目で確認することができます。   

本書は一般の養殖業者、研究者および学生に向けて、魚病の典型的な症状が「現場ではどう見えるのか」という観点から実地に参照できるハンドブックとなるようにデザインされています。魚類研究施設やその図書室でも大変有用な資料となることでしょう。

本書はブリ類の養魚に携わるあらゆる人々に必携の書である。養殖現場や研究現場に常備し、魚の行動に異常が見られるとき、瀕死魚や死魚が出たときなど、常に本書を参照するべきである。本書をそのシリーズの第一弾として、このような世界中の養殖現場で役立つカラーアトラスがシリーズ化されて出版されることを強く希望する。」ロバート・R・スティクニー(World Aquaculture誌, 2004年12月号)

 

「ブリ属に典型的に認められる魚病症例をたいへんわかり易い解説にて書かれている。ブリ属に特例しているだけでなく、多くの症例が示されているので他魚種においても有用に活用されることは間違えない。」スコットペディー博士(Aquaculture Health International (AHI)誌2005年8月号)

 

横山 博(Dr. Hiroshi Yokoyama):東京大学大学院農学生命科学研究科助手

(農学博士)。専門は魚類病原寄生虫学。主に粘液胞子虫や微胞子虫など原虫感染

症にともなう魚の病理学を研究している。